演じるのが好きな人

>

人と関わる上でのマナー

いろんな人と関わろう

1つの舞台を作り上げるために、舞台俳優はもちろん音響や証明、小道具担当の人、さらに監督や演出など様々な人と関わります。
そのような人と、積極的にコミュニケーションを取ってください。
舞台俳優の方が、裏方よりも偉いということはありません。
むしろ裏方で活躍している人がいないと、良い舞台を作ることはできません。
それぞれの仕事に敬意を持って、接すること仲良くなれます。

舞台で活躍するためには、円滑なコミュニケーションを取る能力も必要だと思ってください。
中には、今回の舞台で初めて会う人もいるでしょう。
コミュニケーション能力が高ければ初対面の人でも緊張しないで、すぐに打ち解けられます。
人見知りをする人は、早めに解消しましょう。

正しいマナーと態度を知る

基本的に誰に対しても、丁寧に接してください。
それが舞台俳優に欠かせない能力で、次の仕事をもらうために必要なことです。
次に舞台を行う時に、誰を呼ぶかは監督や演出の人が決めます。
見た目が整っており演技力があっても、人間性に問題があると避けられると忘れないでください。
仕事で出会った人から、また次も一緒に仕事をしたいと思われるように接しましょう。

それは、難しいことではありません。
敬語で話したり、聞かれた質問にきちんと答えたり、他のメンバーに気遣いを見せたりするだけで十分です。
人間性が良いと業界で評判になりますし、それがファンにも伝わります。
もっとファンや仕事が増えて、舞台で活躍するという夢を叶えられるでしょう。



TOPへ戻る