演じるのが好きな人

>

能力を磨いていこう

全身を使って表現する

ただなりたいと思っているだけでは、舞台俳優になれません。
きちんと演技力を持っていなければ活躍できないので、能力を磨けるように努力してください。
そのためには、舞台をたくさん見るのが良い方法です。
様々な人の演技を見ることで、感情を表現する際のコツや声の出し方、抑揚の付け方などを学べます。

同じセリフでも喋り方が異なると、全く違うように聞こえます。
能力を吸収できるように、舞台を楽しむだけでなく、演じる際のポイントを見つけてください。
また舞台で演技する時は遠くのお客さんにも見えるように、身振り手振りを大きくすることがポイントです。
さらに綺麗に見えるように背筋を伸ばして立っているなど、基本的なことも忘れないでください。

詳しい人に教えてもらおう

効率良く勉強したい人は専門学校に通ったり、劇団に所属したりするのが良い方法です。
特に専門学校なら授業の中で演技を学ぶことができますし、卒業した後は事務所に所属しやすいです。
舞台俳優として活躍するための、安定した土台を作れるでしょう。
ただ専門学校は、費用が高くなる面がデメリットです。
予算的に厳しい人は、無理をしないでください。

そのような人は、劇団に所属しても良いですね。
すると何年も劇団で活躍している人から、演じる際のコツや注意点を教えてもらえます。
どちらの方法でも、人から教えてもらえる面がメリットです。
自分1人で行う勉強ではどうしても限界があるので、積極的にわからないことを聞き、勉強してください。



TOPへ戻る